《国際空港》免税店での買い物|注意するべき事!

海外旅行・留学・出張などでは本来の目的の他に免税店での買い物も楽しみの1つにあると思います。
免税店では消費税や酒税や関税などの税金が旅行者には支払いの義務がない事を利用して、国内で買うと税で値上がりしてしまう、海外ブランド品やタバコやお酒などを割安で買うことができます。
タバコやお酒は税率がとても高い商品が多く、免税店で購入すると半額ほどになるものもあり海外へ行く機会があればまとめ買いしたいものです。
一見買えば買うほどお得に見える免税店。しかしいくつか買い物する際の注意点がありますので挙げておきます。
まずは免税枠です。
タバコ、お酒、香水は免税の範囲が決まっています。
お酒は1本760mlとして3本まで、タバコは紙巻タバコだと200本まで、香水は2オンス以上を超えると日本の税関で課税されてしまいます。また1個で20万円を超える物例えば25万円のブランド品は25万円の全額について課税されます。他にはいくらお土産に頼まれたといっても未成年の方はお酒とタバコはすべて課税の対象となりますので要注意です。
次に免税店での買い物は全て安いと思いがちですが、ブランドや買った国によっては、日本で買うのと同じか日本より高くなる場合さえあります。
免税での買い物に慣れないうちは、高額のブランド品などにはすぐ飛びつかずに日本での価格をチェックしてから購入しましょう。

海外行くなら♪上級者はこっそり使ってる!!