キャッシュパスポートは本当にお得?メリットVSデメリット

 

キャッシュパスポートは、クレジットカードや国際キャッシュカードとは扱い方が違い、日本国内で必要資金を予め入金して外国で利用するプリペイドカードです。

 

マスターカード専用ATMで入金するのが必須ですが、外国では現地通貨として出金して買い物したり、マスターカードの加盟店でショッピングや食事した時などにデビットカードと同じ使い方で支払ができます。

 

キャッシュパスポートのメリットについて

簡単に作れる

メリットとしては、クレジットカードやキャッシュカードみたいに入会金納付や審査の義務がなく、口座を新たに開設する事も不要です。

 

安全・安心

ですから現地通貨として出金する時に銀行口座を介さないので、紛失や盗難時でも預金口座にある資金がまるまる盗まれる心配がないという事です。

 

海外送金としても使える

また滞在先で生活費が尽きたとしても、日本国内にいる家族から、その都度不足した費用をキャッシュパスポートで仕送ってもらう事もできます。

 

キャッシュパスポートのデメリットについて

手数料

反してデメリットとしてまず挙げられるのは、キャッシュパスポートに入金や清算を行う際に、所定の手数料が掛かってしまう点です。

  • 入金するとき
  • 現金を引き出すとき
  • 余ったお金を清算するとき

に手数料がかかってしまうので少し気になる方もいるかと思います…。
⇒手数料について詳しくはこちら

 

レートがやや悪い

また日本円から他通貨に変換して出金する時に生じるレート率が、クレジットカードのレートより若干悪い点もあります。

 

キャッシュパスポートはスペアカード発行ができたり、緊急時のサポート体制も24時間万全に整っていてメリットが多いので、外国で安全に所有できる1枚として持っておくと便利です。

 

海外行くなら♪上級者はこっそり使ってる!!